Top >  ストレスで起こるその他の主な病気 >  偏頭痛・自律神経失調症

偏頭痛・自律神経失調症

ストレスが原因となって起こる

「神経」の病気です。


【偏頭痛(へんずつう)】


頭部の動脈の収縮によって起こる頭痛です。


市販の鎮痛剤は効きません。


ズキンズキンと脈打つような痛みが特徴ですが、

頭痛が起こる前に目の前に閃光(光)が

見えるなどの前兆があります。


頭痛が起こっている時に気分が悪くなって

吐き気を伴い嘔吐する事もあります。


精神的・肉体的ストレスが原因で起こります。


主に、自尊心が強い・完璧主義・攻撃的

な性格の方に多く見られます。


頭痛が起きたら静かな所で安静にするようにしましょう。


また食生活を規則正しくする事に心がけます。


【 自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう) 】


精神的なストレスによって

自律神経の機能に障害が生じてしまう病気です。


自律神経は、さまざまな機能をコントロールしているため

体の色々な所に症状が現れます。


体の一部が痛くなったり具合が悪くなったりと、

人によって症状はさまざまです。


自覚症状ですので症状の

あらわれ方も非常に不安定です。


ストレスに弱い体質の方や

いつも気をつかってしまう方などに多く見られます。


ストレスを発散する時は、

音楽を聴いたり、アロマテラピーなど

五感に働きかける方法がオススメです。

         

ストレスで起こるその他の主な病気

神経・皮膚・頭髪など
その他の病気を紹介していきます。

このカテゴリ内の記事


偏頭痛・自律神経失調症
円形脱毛・蕁麻疹・メニエール


ストレス

年齢別のストレス

女性に多いストレス

ストレス対策

ストレスが原因で起こる病気

ストレスで起こる呼吸器の病気

ストレスで起こる消化器の病気

ストレスで起こる婦人科系の病気

ストレスで起こるその他の主な病気

ストレスの専門科

ストレス対処法

ストレスに負けない体づくり






Yahoo!ブックマークに登録