Top >  ストレスで起こる消化器の病気 >  過敏性腸症候群・神経性嘔吐

過敏性腸症候群・神経性嘔吐

ストレスが原因となって起こる

「消化器」の病気です。


【 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) 】


精神的なストレスが原因で

自律神経のバランスが乱れて発症します(><;)


特に若い女性に多い病気で腸に刺激を与え

過敏な状態になり便通異常を起こす病気です。


症状は3タイプあります。


●神経性下痢


激しい腹痛の後、下痢をする。


寝起きや外出時など1日に何度ももよおすのが特徴です。


●けいれん性便秘


腹痛を伴いウサギの糞のような

コロコロとした便が水に浮かびます。


●交替性便通異常


下痢と便秘を繰り返します。


生活習慣の改善で良くならなかった場合に

薬を服用していきます。


休養と適度な運動を行うなどの

生活指導が行われます。


【 神経性嘔吐(しんけいせいおうと) 】


一般的には「嘔吐」と言いますが、

精神的なストレスが原因で起こる

嘔吐を神経性嘔吐と呼ばれています。


若い女性に多く見られる病気です。


嘔吐をするという行為で無意識のうちに

周囲に対しての拒絶や主張を

訴えているという意味があるようです。


精神的なストレスをゆっくりと

ほぐしていく事が大切になってきます。

         

ストレスで起こる消化器の病気

よく「胃が痛い」などと言ったり、
耳にする事がありますよね。

ストレスと消化器系の病気はつきものでもあります。

このカテゴリ内の記事


消化性潰瘍・潰瘍性大腸炎
上腹部不定愁訴・慢性膵炎
過敏性腸症候群・神経性嘔吐
クローン病・食道アラカジア


ストレス

年齢別のストレス

女性に多いストレス

ストレス対策

ストレスが原因で起こる病気

ストレスで起こる呼吸器の病気

ストレスで起こる消化器の病気

ストレスで起こる婦人科系の病気

ストレスで起こるその他の主な病気

ストレスの専門科

ストレス対処法

ストレスに負けない体づくり






Yahoo!ブックマークに登録