Top >  ストレスで起こる呼吸器の病気 >  風邪・呼吸不全・気管支喘息

風邪・呼吸不全・気管支喘息

ストレスが原因となって起こる

主な「呼吸器」の病気です。


【 風邪(かぜ) 】


ストレスがひどいとビタミンCが減少していき、

体の抵抗力が弱くなりウイルスや細菌に負けてしまいまい

風邪を引いてしまいます。


1ー2ヶ月に1度のペースで

風邪を引く方なんかは

ストレスが原因ともいえます。


睡眠不足や不規則な生活を送っている方は

生活習慣の見直しをしましょう。


生活習慣を見直しても同じような症状であれば

心療内科で診てもらう事をオススメします。


【 慢性呼吸不全(まんせいこきゅうふぜん) 】


慢性呼吸不全は「呼吸不全」の状態が

1ヶ月間以上続く場合を言います。


咳や、たんが増え息苦しくなります・・・(><:)


このような状態が長く続くと、

様々な臓器に障害をきたします。


特に栄養バランスには気をつけ、

1回の量を多く食べられなければ

数回に分けて食べるなどの工夫をしましょう。


【 気管支喘息(きかんしぜんそく) 】


息苦しくなり「ゼーゼー」言います。


アレルギー性と感染型で起こる気管支炎がありますが

人間関係のストレスなど精神的な原因で起こる

可能性が高いようです(><;)


感情を表に出してリラックスする事が大切です。


気持ちの整理をしてみましょう。

         

ストレスで起こる呼吸器の病気

何か物事が変化するごとに
呼吸は息苦しくなったりしていきます。

呼吸器の病気は心と大きく関係しています。

このカテゴリ内の記事


風邪・呼吸不全・気管支喘息
過換気症候群・神経性咳嗽


ストレス

年齢別のストレス

女性に多いストレス

ストレス対策

ストレスが原因で起こる病気

ストレスで起こる呼吸器の病気

ストレスで起こる消化器の病気

ストレスで起こる婦人科系の病気

ストレスで起こるその他の主な病気

ストレスの専門科

ストレス対処法

ストレスに負けない体づくり






Yahoo!ブックマークに登録