Top >  ストレスが原因で起こる病気 >  うつ病

うつ病

ストレスが原因で起こる病気の中でも「うつ病」は

よく知られている病気ですよね。


ストレスが原因で、脳の機能が

一時的に乱れていると考えられているようです。


健康な時とは質の違った悲しみや苦しみを経験するのです・・・。


「脳内の不調」と言った方が分かりやすいですね。


睡眠不足・食欲不振・体のだるさ・頭痛など体の異変を感じ

何か重い病気にかかってしまったと思い検査を受けても

何の異常もない時があります。


そんな時は、うつ病の可能性が高いのです・・・。


うつ病になると将来の希望が、まったく持てなくなったり

過去の自分の小さな行為に大きな罪悪感を持つこともあります・・・。


物事に対する意欲や興味もなくなり、

それまで好きだった趣味も楽しめなくなります。


さらに、仕事もできなくなり、

自分がまったく価値のない人間に思えてきます。


うつ病になると、将来の希望を信じる事ができなくなり、

うつ状態が一年以上続くこともあって

自殺を考える人もいるそうです(><;)


とても危険な病気です・・・。


ですが、うつ病による自殺は

適切に治療を受けていれば避けることができます!


「うつ病」も心身症と同じように

「心」と「身体」の両面からの治療が必要になってきます。

         

ストレスが原因で起こる病気

ストレス状態が悪化すると、
さまざまな病気の原因となります。

このカテゴリ内の記事


心身症
うつ病


ストレス

年齢別のストレス

女性に多いストレス

ストレス対策

ストレスが原因で起こる病気

ストレスで起こる呼吸器の病気

ストレスで起こる消化器の病気

ストレスで起こる婦人科系の病気

ストレスで起こるその他の主な病気

ストレスの専門科

ストレス対処法

ストレスに負けない体づくり






Yahoo!ブックマークに登録