Top >  ストレス >  ストレスを知らせる体のサイン

ストレスを知らせる体のサイン

ストレスを知らせるサインを見逃してはいけません。


変化があらわれた時は早めにストレスを解消しましょう!!


●心の変化


イライラや悲しみ、不快な気持ちが何日も

続いたらストレスのサインです。


通常は何とかしようと前向きな気持ちになり

上手にコントロールをしていいます。


しかし、コントロールできず

無気力になったり投げやりになったら要注意です。


●体の変化


食欲がなくなったり、逆に暴飲暴食になったり

頭痛などの体調不良の症状があらわれたら

ストレスのサインです。


ストレスを意識していない方や自覚がない方は

体にサインがでる事が多いです。


●行動の変化


感情の起状が激しくなったり、軽率な行動を取ってしまったり、

普段ではしないような行動を取っている時は

ストレスのサインです。


いつもは穏やかなのに、怒りっぽくなったり

と行動になんらかのサインがでます。


自分では気付かない事もあり

人から言われて気付くパターンが多いようです。


心・体・行動に変化が出始めたら、

ストレスの危険信号です(>。<)


何か変だなと感じたらストレスを解消する事をやってみて下さい。


また身近の人でストレスに自覚症状のない方などにも

教えてあげる事も大切です(^‐^)ノ

         

ストレス

ストレスは年齢や環境によって受け方が違います。

まず、ストレスの原因は
どこからやってくるのか知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


ストレスとは?
ストレスの原因
ストレスを感じやすい体質
ストレスを知らせる体のサイン
ストレスを招きやすい生活習慣


ストレス

年齢別のストレス

女性に多いストレス

ストレス対策

ストレスが原因で起こる病気

ストレスで起こる呼吸器の病気

ストレスで起こる消化器の病気

ストレスで起こる婦人科系の病気

ストレスで起こるその他の主な病気

ストレスの専門科

ストレス対処法

ストレスに負けない体づくり






Yahoo!ブックマークに登録